骨密度を上げる方法

閉経後の女性は、骨密度が落ちて、骨が弱くなりがちですが、それは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、閉経後に分泌が低下したことによります。エストロゲンが下がると、女性の骨密度は閉経後に急激に低くなり。骨折しやすくなります。

骨粗しょう症とは、骨の量が少なくなったことで、骨がもろくささいな衝撃で簡単に骨が折れてしまいます。

骨粗しょう症が原因の骨折で、そのまま寝たきりになってしまうこともありますので、骨密度を上げることは、要介護状態になるリスクを抑えることになります。

骨は新陳代謝していますので、ずっとそのままではありません。劣化した骨は、破骨細胞という細胞が壊していき、その壊された部分に骨芽細胞がくっついて再生していきます。この、古くなった骨を壊す働き(骨吸収)と、新しい骨を再生する働き(骨改変)によって骨は新陳代謝していきます。
骨粗しょう症とは、古くなった骨を壊す働きが、再生する働きを上回ってしまい、スカスカになることで起こります。骨粗しょう症は、女性に多い病気で、その数は、実に患者さんの80%を占めると言われています。

骨粗しょう症を予防するには、食生活に気を配ることが大事ですね。
骨はカルシウムの塊ですので、裏を返せば、骨にはカルシウムを体に蓄える役割があると言えます。体内で不足したら、骨を溶かして補うのです。
魚や牛乳などカルシウムを含む食品をとる事は非常に重要です。カルシウムを含む食品だけでなく他にも、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやたんぱく質をとる事も有効です。

そのほか、大事なことは、運動をすることです。運動すると骨に多少の負荷がかかり、適度な負荷をかけることで骨は強くなります。
また、過度な飲酒、たばこは控える事、たばこは、カルシウムの吸収を邪魔する働きがあります。

日の光をきちんと浴びること。日の光を浴びると、カルシウムの吸収を促進するビタミンDが活性化し、骨が強くなります。ずっと家にいて運動不足になると、骨が弱くなるだけでなく、このビタミンDの活性化がない事もあって、どんどん骨が弱ってしまうのです。

こうした日常生活に留意すると共に、 かるみるくで補うことがいいようです。